“ふくい移住サポーター”のご紹介!

最終更新日 2021年10月8日ページID 047763

印刷

ふくい移住サポーター の概要

 県では、移住定住をより促進するため、移住を検討されている方に、移住相談や現地案内、情報発信等のほか、移住後の生活サポート等を推進することを目的として新たに“移住サポーター”を創設し、18名5団体に委嘱しました。移住のお考えの皆さまはぜひご利用ください!

移住サポーター

【実際の活動例】

・福井への移住をお考えの方へ現地の物件や近隣施設について案内

・移住先の居住環境(スーパーやアパート情報)についてオンラインで相談 など

ふくい移住サポーター と話したい

 ふくい移住サポーター制度のご利用をご希望の方は下記ふくい暮らすはたらくサポートセンターへ、お申し込み下さい。

  福井暮らすはたらくサポートセンター
 TEL:0776-43-6295、メール:fukui-utcenter@pref.fukui.lg.jp

 

ふくい移住サポーター 一覧

 福井市

ふくいPR隊@東郷研究会 さん

団体の紹介: 福井市東郷地区の「地域資源」や「まち・ひとの魅力」を活かすことで、観光による交流を促進し、さらなる賑わい創出や地域資源の活性化をもたらすため、各種活動を展開しています。

メッセージ:都会での暮らしでは失われつつある「自然」や「文化」、そして「地域」と関わる暮らしがここにはあります。時間に追われる生活とは違い、豊かな時間の使い方が期待できると思います。積極的に地域に関わることで、繋がり・やりがい・居場所など得られるものがきっとたくさんあると思います。あなたの入る「隙」がまだまだたくさんある福井にぜひ来てみてください。

福井市越前海岸盛り上げ隊 さん

団体の紹介: 福井市の沿岸部で、越前海岸盛り上げ隊という地域団体をしています。観光を起点に、少子高齢化に対し何ができるかを考え、実行する、事業者中心の任意団体です。メンバーのほとんどは、Uターン、Iターン者です。

メッセージ: 福井市の沿岸部は海と山に囲まれ、少子高齢化がとても進んだ地域です。日常生活で不便を感じることもありますし、煩わしい人間関係も多々あります。それでもぼくたちはここでの暮らしに豊かさを感じ、それを伝える活動をしています。ぜひ一度、越前海岸に来てみてください。自然を映すように逞しく生きるメンバーたちのところへ案内します。

敦賀市

西山 綾加 さん

出身:岐阜県

現在のお仕事:ライター、地域おこし協力隊

自己紹介:以前は東京で会社員をしていましたが、コロナ失業をきっかけにライター業を始め、さまざまなご縁をきっかけに福井県にやってきました。

 

小浜市

馬場 淳子 さん

出身:東京都

UIターン歴:9年

自己紹介:2012年秋、十一面観音巡りの旅で訪れた小浜の自然と人の魅力に惹かれて移住しました。美味しいもの、神社仏閣、トレッキングが大好きです。物件・古民家巡り、お買い物ツアーなどご一緒します♪小浜西組町並み協議会、KISUMO小浜Iターンプロジェクト、福井に住む県外女子チームZUKに所属

相澤 弘美 さん

出身:宮城県

現在のお仕事:自営業

自己紹介:小浜市に地域おこし協力隊で移住し、残って自営業をしております。

 

大野市

安井 梨菜 さん

出身:福井県(東京都からUターン)

現在のお仕事:フリーライター

自己紹介:はじめまして!「おおのそだち」中の人こと安井梨菜です。二人目の出産を機に東京から大野にUターンし、豊かな環境の中で子育てを満喫中です。おおのそだちは大野近辺の親子で楽しめる情報や再発見した大野の魅力を発信しているサイトです。インスタグラム@onosodachiをぜひチェックしてみてください♪大野のこと、気軽に質問してくださいね。

 

勝山市

川端 裕子 さん

出身:大阪府

現在のお仕事:劇団の舞台女優

自己紹介:大阪府より勝山市へ2018年にIターン。中学生、5歳、2歳の母。福井に住む県外女子チームZUKのメンバーとして活動。以前より舞台女優をしていたこともあり、勝山市のミュージカル劇団ドラゴンファミリーに所属。市長選のウグイス嬢も経験させて頂くなど、勝山の生活を楽しんでいます。福井県の皆様と移住者との架け橋になるような活動をしていきたいと思います。

 

鯖江市

石井 瑞紀 さん

出身:兵庫県

現在のお仕事:地域おこし協力隊

自己紹介: 鯖江市河和田地区を拠点に活動をしています。鯖江で暮らし始めて3年目となりました。なんでもご質問ください◎

村上 捺香 さん

出身:石川県

現在のお仕事:鯖江市地域おこし協力隊・RENEW事務局

自己紹介:石川県白山市出身。早稲田大学スポーツ科学部を卒業後、都内で広告代理店にてwebマーケティングの法人営業に従事。2018年に独立後、個人事業主として2020年2月に福井県鯖江市に移住しました。現在は福井のものづくりイベント「RENEW」の運営や産業観光の活性などをしています。

あわら市

野尻 知子 さん

出身:愛知県

UIターン歴:8年目

自己紹介:結婚を機に来福し、福井市での生活を経て、現在あわら市に住んでいます。県外出身者をサポートする団体「福井に住む県外女子チームZUK」を県内各地にいる仲間と運営し、広報を担当。また、福井ママのコミュニティも運営しています。ご縁によって人と人が繋がっていき、笑顔が増えるようにお手伝いしたいと思っております。

越前市

杉谷 昌保 さん

出身:福井県(神奈川県からUターン)

UIターン歴:1年

自己紹介:神奈川の自動車メーカーで24年間カーデザイナーを務め、故郷・福井へ里帰りしてプロダクトデザイン会社を設立いたしました。「ものづくりの楽しさから、暮らしを豊かに。」をコンセプトに、ものづくりの面から地元の皆様・企業に寄り添い、お手伝いをしてまいりたいと思っています。

髙田 太賀 さん

出身:神奈川県

現在のお仕事:飲食業経営

自己紹介:海外生活、東京・六本木での勤務経験により、田舎での事業に魅力を感じ移住しました。飲食店経営者として福井の食の魅力を発信しつつ、経営者ならではの目線で福井の住の魅力をお伝えできればと考えています。

坂井市

池田 天瑠 さん

出身:兵庫県

現在のお仕事:農業

自己紹介:大学卒業後、1年半の研修を終え福井県坂井市でいちご農家になりました。移住前は不安もありましたが地域の方々があたたかく充実した日々を送ってます。

永平寺町

山崎 智美 さん

出身:福井県(東京都・アメリカ合衆国を経てUターン)

現在のお仕事:Jewelry Designer

自己紹介:初めまして。Uターンで19年ぶりに福井へ戻ってきました。19年の間、東京とアメリカで過ごしましたが、娘の誕生をきっかけに、主人と娘と永平寺町に移住しました。山や川が近く、ホタルや星がキレイで、人も温かな永平寺町の魅力やわくわくをきちんとお届けできるような活動をしていきたいと思います。移住とは関係ないですが、留学相談、国際結婚、アメリカ事情、デザインの話などお気軽にお声がけください!

池田町

 農事組合法人 農村資源開発共同体 ファームハウスコムニタ 澤崎 美加子 さん

出身:福井県

現在のお仕事:農家民宿

自己紹介:池田町で地域活動を25年行ってきました。地元目線で移住希望の皆さんにアドバイスができたらと思っています。また、地元の方々とのつなぎ役、懸け橋としてお役にたてればと思っていますので気軽にお声かけくださいね。

笠原 理紗 さん

出身:神奈川県

UIターン歴:7年

自己紹介:神奈川県出身。自然豊かな地での子育てと田舎暮らしをすべく、縁とタイミングに導かれた福井へ。移住歴7年目。譲渡された古民家を改装し、個人イベントなどを開催。さとやま子育てコミュニティ『いけだのそら』運営メンバー。『福井に住む県外女子チームZUK』代表。複業パートをする三児の母。

南越前町

宇野 朱美 さん

出身:福井県

自己紹介:2018年から3年間南越前町で地域おこし協力隊として活動しておりました。地域を訪れる人たちと地域住民とを繋ぐ活動をしております。移住に至るまでには様々なハードルもあるかと思いますが、いろんな場所を見て、自分に合った場所と出会っていけるようにサポートしたいと考えております。お気軽にご連絡くださいませ。

越前町

南 和孝

出身:福井県(京都府からUターン)

現在のお仕事:手打ちそば店

自己紹介:子供の頃から、ここ陶芸村周辺が好きで、子育ての地に選びました。店もなんのご縁か2010年に陶芸村に移転して、ゆったり流れる時間の中で暮らしております。
陶芸村にて、十割蕎麦 だいこん舎を営んでいます。面白い人たちとたくさんであってきました。越前町は、海あり山あり里あり、食べ物も美味しく、人は優しい。こんな町が大好きです。

美浜町

NPO法人ふるさと福井サポートセンター 理事長 北山 大志郎 さん

出身:福井県

現在のお仕事:会社役員

自己紹介:福井県美浜町で空き家マッチング活動を通じて移住者のみなさんのお手伝いもさせて頂いています。マッチングは空き家所有者、集落、移住者のみなさんの3つのマッチングを心掛けています。お気軽にご相談ください。

高浜町

小口 彩子 さん

出身:福井県(東京都からUターン)

現在のお仕事:コワーキングスペース運営及び会社経営

自己紹介: 福井県高浜町出身。高浜町初代町長:湯浅銀次郎氏の孫 ゆえに高浜町「愛」が人一倍強い。
東京にて大学卒業後、都銀の日本橋支店にて融資業務に携わる。
地下鉄サリン事件が通勤していた駅で起きたり、同年に起きた阪神淡路大震災を機に人生観が変わる。
結婚を機に高浜町に戻り、2001年よりオグチ社会保険労務士事務所代表(2020年5月事務所売却)を務める傍ら2009年グロービス経営大学院大学にてMBA取得。さらに、大学院時代のメンバーと共に東京・品川と高浜町を拠点にした会社を設立し、東京・高浜町でテレワーク拠点3か所(高浜町内2か所)で会社を経営し約10年になる。「東京で地域を発信する」をテーマに活動中。全国の地域の事業所と連携し商品開発販売。百貨店などで売上を伸ばしている。2020年9月レディーフォーにてクラウドファンディング開始プロジェクト達成。その資金で「ギャラリー&コワーキングスペース」を2021年3月高浜町にて新規オープン。都市と高浜町とをつなぐためのコミニュティ作りを目指しています。

おおい町

秋庭 康介 さん

出身:神奈川県

現在のお仕事:会社員

自己紹介:生まれてから進学、就職とすべて横浜市内で育ってきた中で「地域おこし協力隊フェア」で出会ったおおい町に移り住んで5年経ちました。環境が大きく変わりましたが、豊かな自然の中で気づく新たな発見を満喫しています。

若狭町

阪野 真人 さん

出身:愛知県

現在のお仕事:団体職員

自己紹介:2016年に若狭町に私と妻と子ども3人の5人で移住し、若狭町の風景や食や日々の出来事を楽しんでいます。町役場で移住希望者の支援業務を担当した後、法人を設立して地域活性化事業の運営と開発を行っています。移住希望の方が長期滞在できるよう「伴走舎」という移住体験施設を運営しているので、お気軽にご連絡ください。

(有)かみなか農学舎 取締役 八代 恵里 さん

出身:大阪府

現在のお仕事:農業

自己紹介:大阪出身 2004年に農業を志し福井県若狭町にある「かみなか農楽舎」の研修生となるべく移住しました。かみなか農楽舎は都市からの若者の就農定住を促進し集落を活性化することを目的に農業後継者の育成を行っている農業法人です。若狭町にはこのように農業を志し移住・定住した若者がたくさんいます。

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、teiju-koryu@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

定住交流課

電話番号:0776-20-0665 ファックス:0776-20-0644メール:teiju-koryu@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)