福井県警察 福井県警察

児童虐待から子どもを守ろう

安全・安心な暮らし

児童虐待ってどんなこと

 保護者(親権を行う者、未成年者後見人その他の者で、児童を現に監護する者)が、その監護する児童(18歳に満たない者)に対して行う次のような行為をいいます。

【身体的虐待】

 児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えることをいいます。

 例えば、

 ○ 殴る。蹴る。首を絞める。激しく揺さぶる。

 ○ 熱湯をかける。溺れさせる。

 ○ タバコなどの火を押しつける。

 ○ 投げ落とす。逆さ吊りにする。

 ○ 戸外に閉め出す。

【性的虐待】

 児童にわいせつな行為をすること、又は、児童にわいせつな行為をさせることをいいます。

 例えば、

 ○ 児童に対し淫行する。

 ○ 児童の性器を触るまたは性器を触らせる。

 ○ 性器や性交を見せる。

 ○ 児童ポルノの被写体などにする。

【ネグレクト(怠慢又は拒否)】

 児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による児童に対する身体的虐待、性的虐待または心理的虐待の放置、その他保護者として看護を著しく怠ることをいいます。

 例えば、

 ○ 乳幼児を家や車内に残したまま長時間放置する。

 ○ 適切な食事を与えない。

 ○ 病気になっても医者に診せない。

 ○ 児童が学校に登校する意思があっても登校させない。

【心理的虐待】

 児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力、その他児童に著しい心理的外傷を与える言動をいいます。

 例えば、

 ○ 暴力的な言動により児童を脅す。

 ○ 児童を無視したり、拒絶的な態度を示す。

 ○ 「生まれなければよかった。」などと児童の心を傷つけるような言動を行う。

 ○ 児童の面前で配偶者やその他の家族などに対するに暴力や暴言を繰り返す。

 

県内の児童虐待の現状

 令和3年中に、福井県警察が児童虐待により児童相談所に通告した児童数は608人で、その内訳は「身体的虐待」60人、「性的虐待」4人、「ネグレクト」26人、「心理的虐待」518人となっています。

 また、検挙した児童虐待事件は33件です。

 

しつけと体罰について

 子どもが思ったとおりに行動してくれず、イライラしたときに、「子どものしつけのためだから仕方ない」として、体罰をしていませんか。「何度言っても言うことを聞かない」、「痛みを伴う方が理解をする」、「自分もそうやって育てられた」など、体罰を容認する意見が存在します。

 こうしたことを踏まえ、2019年6月に成立した児童福祉法等の改正法において、体罰が許されないものであることが法定化され、2020年4月1日から施行されています。

 しつけとは、子どもの人格や才能等を伸ばし、社会において自律した生活を送れるようにすること等の目的から、子どもをサポートして社会性を育む行為です。たとえ、親がしつけのためだと思っても、身体に何らかの苦痛を引き起こしたり、不快感を意図的にもたらしたりする行為は体罰に該当し、身体的虐待のおそれがあります。

 子どもにしつけをするときには、子どもの発達しつつある能力に合う方法で行う必要があり、体罰で押さえつけるしつけは、許されません。 

あなたは子どもにこんなことをしていませんか?

 〇 言うことを聞かないので、頬を叩いた

 〇 いたずらをしたので、長時間の正座をさせた

 〇 友達を殴ってケガをさせたので、同じように子どもを殴った

 〇 宿題をしなかったので、食事を与えなかった

 これらは全て体罰です!

 

児童虐待かなと感じたら・・・

 もしかして虐待かもと思ったら、迷わずに通報してください。

 匿名でもかまいません。

 警察が通報を受理した場合には、警察官が対象家庭を訪問し、児童の安全確認及び安全の確保を最優先とした対応を図っています。

 〇 110番通報

 〇 最寄りの警察署への通報

 〇 児童相談所全国共通ダイヤル(189)

 

STOP!児童虐待(子ども用チラシ)

一覧に戻る