飼い主のいない猫(野良猫)を減らすガイドラインについて

最終更新日 2020年4月21日ページID 044027

印刷

ガイドラインの目的

  • 動物愛護センターでは多くの猫を保護・収容しており、これらの猫の大半は「飼い主のいない猫」いわゆる野良猫です。
  • また、飼い主のいない猫に関する苦情・相談も多く寄せられています。
  • これらの苦情は地区に根深く残っている場合が多く、問題解決までに長い時間を要します 。
  • 猫については「犬のようにつないで飼わなければならない。」といった明確なルールがありません。また、人によって問題に対する考え方が異なり、問題によって解決方法が異なることも、解決に時間を要する原因となります。
  • なるべく早く問題を解決するには、 地区の皆様で問題を共有し、解決方法を決め、解決のための役割分担等を協議する必要があります。
  • また、地区の皆様で協議するためには、問題を解決するために必要な知識を習得する必要があります。
  • 本ガイドラインでは、地区で発生している猫問題を解決するための一助となるよう、役割分担や対処方法等について紹介しております。

  • 飼い主のいない猫(野良猫)を減らすガイドライン(PDFファイル)

飼い主のいない猫(野良猫)を減らすための方法

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、doubutuaigo-c@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

動物愛護センター

電話番号:0776-38-2212ファックス:0776-38-2238メール:doubutuaigo-c@pref.fukui.lg.jp

〒918-8165 福井市徳尾町18-1-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)