公衆浴場入浴料金統制額の改定について

最終更新日 2020年3月17日ページID 043250

印刷

県内の普通公衆浴場(物価統制令が適用される、いわゆる「銭湯」)の入浴料金統制額(上限額)が令和2年4月1日から改定されます。

改定の内容

区 分 改定額 現 行
大人(12才以上) 450円 430円
中人(6才以上、12才未満) 160円 150円
小人(6才未満) 70円 60円

施行日

令和2年4月1日

 

普通公衆浴場の位置付け

 普通公衆浴場は、保健衛生上、地域住民の日常生活において重要な役割を担い、日常生活に欠くことのできない施設であるという視点から、物価統制令の適用を受け、その入浴料金統制額は知事が指定することとされています。

改定の背景

 令和元年10月の消費税率引き上げや燃料価格の高騰などにより、県内の普通公衆浴場の経営がひっ迫していることから、福井県生活衛生営業審議会による入浴料金改定の答申を踏まえ、改定を行うこととしました。


アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iyakushokuei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

医薬食品・衛生課生活衛生グループ

電話番号:0776-20-0354ファックス:0776-20-0640メール:iyakushokuei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)