令和元年度のがん検診の実施状況について

最終更新日 2020年12月28日ページID 023001

印刷

令和元年度のがん検診受診率(70歳未満)は50.4%、平成28年度以降50%台を維持  

 
 現在、わが国では、2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で命を落としています。
 がんで亡くなる方を減らすためには、がん検診の受診を推進し、がんの早期発見、早期治療に結びつけることが重要となっています。
 福井県では、平成30年3月に「第3次福井県がん対策推進計画」を策定し、 令和5年度までに各がん(胃・肺・大腸・子宮頸・乳)検診毎の受診率(70歳未満)を50%とすることを目標にしています。
 このたび、令和元年度のがん検診受診率をとりまとめましたので、お知らせします。
 5つの全体の受診率(70歳未満)は、50.4%となり、平成28年度以降、50%台を維持しています。部位別では、肺がんが70.9%と目標の50%を達成しています。    

 詳細については下記PDFをご覧ください。
 令和元年度のがん検診実施状況(PDF)
 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、hoken-yobo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

保健予防課がん対策グループ

電話番号:0776-20-0349ファックス:0776-20-0643メール:hoken-yobo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)