平成30年 福井県鉱工業指数年報

最終更新日 2019年9月25日ページID 042012

印刷

【令和元年9月25日】
 平成30年(1月~12月)の推移をまとめた、平成30年福井県鉱工業指数年報を作成しました。 

 

福井県鉱工業指数 平成30年の概況

 平成30年の鉱工業生産の動向を指数でみると、前年比0.6%増の109.0となり、5年連続で上昇した。
 業種別にみると、電気機械工業や窯業・土石製品工業、生産用機械工業などで上昇している一方、電子部品・デバイス工業やパルプ・紙・紙加工品工業、非鉄金属工業などでは低下しており、業種により差異がみられる。

 

  原指数
 29年  30年  前年比
生産指数   108.4   109.0    0.6%
出荷指数   109.0   108.5 ▲0.6%
在庫指数     97.4   109.7  12.6%


 鉱工業指数の時系列グラフ
 

生産の動向

 平成30年の福井県鉱工業生産指数(平成27年=100)は、総合で前年比0.6%増の109.0となり、5年連続で上昇した。

 四半期別にみると、1~3月期が前期比1.7%減、4~6月期が同1.8%増、7~9月期が同2.3%減、10~12月期が同0.4%減となった。
 業種別にみると、電気機械工業、窯業・土石製品工業、生産用機械工業など10業種で上昇し、電子部品・デバイス工業、パルプ・紙・紙加工品工業、非鉄金属工業など10業種で低下した。(上昇および低下の業種数は、秘匿の業種を除いている。以下同じ。)
 また、特殊分類別(財別)にみると、最終需要財は前年比6.8%増の111.5、生産財は同2.5%減の107.7となった。

 

出荷の動向

 出荷指数は総合で前年比0.5%減の108.5となった。

 四半期別にみると、1~3月期が前期比2.8%減、4~6月期が同0.3%増、7~9月期が同1.9%減、10~12月期が同1.5%減となった。
 業種別にみると、電気機械工業、窯業・土石製品工業、生産用機械工業など9業種で上昇し、電子部品・デバイス工業、非鉄金属工業、化学工業など11業種で低下した。
 また、特殊分類別(財別)にみると、最終需要財は前年比8.3%増の113.0、生産財は同4.5%減の106.3となった。

 

在庫の動向

 在庫指数は前年比12.6%増の109.7となり、2年連続で上昇した。

 四半期別にみると、1~3月期が前期比1.3%増、4~6月期が同4.7%増、7~9月期が前期同値、10~12月期が同5.3%増となった。
 業種別にみると、電子部品・デバイス工業、化学工業、プラスチック製品工業など8業種で上昇し、化学繊維・紡績、パルプ・紙・紙加工品工業、生産用機械工業など8業種で低下した。
 また、特殊分類別(財別)にみると、最終需要財は前年比5.5%増の114.4、生産財は同14.4%増の108.8となった。

 

関連記事

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、toukei-jouhou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

統計情報課

電話番号:0776-20-0271 ファックス:0776-20-0630メール:toukei-jouhou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)