福井県食品衛生自主管理プログラム認証制度(福井県版HACCP)

最終更新日 2020年6月1日ページID 016597

印刷

「福井県食品衛生自主管理プログラム認証制度」廃止のお知らせ

 食品衛生法の改正により、令和3年5月31日までに、原則、全ての食品等事業者に「HACCPに沿った衛生管理」が求められるため、事業者の規模や業種等に応じて、施設ごとに「HACCPに基づく衛生管理」「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」のどちらかの衛生管理を実施する必要があります。
 (リンク:福井県ホームページ「食品等事業者の方々は、HACCPに沿った衛生管理が必要です。」

 この法改正に伴い、食品等事業者のHACCP導入を支援するための制度である「福井県食品衛生自主管理プログラム認定制度」は、一定の役割を終えるため、制度を廃止することになりました。今後の手続きや認証の取り扱いについて以下のとおりとします。
 

各種手続きおよび認証の取り扱いについて

 1.新規認証手続きについて
  
令和2年5月31日をもって受付を終了しました。

 2.更新認証手続きについて
  令和3年5月末日までとします。認証の期限が令和3年6月以降の施設については、更新認証を実施しません。
  (全ての食品等事業者に対するHACCPに沿った衛生管理の義務化は、本年6月から施行となりましたが、
   1年間の経過措置が設けられ、令和3年6月から完全施行となるためです。)

 3.その他各種手続きについて
  (1)再交付申請および変更届
    再交付申請および変更届については、認証の期限内であれば手続きを行います。
  (2)廃止手続き
    認証辞退および廃止を希望する施設については、従前のとおり廃止手続きを行います。
    認証期限を迎えた施設については、自動的に廃止となるため、手続きは不要です。

 4.認証の期限について
  (1)認証書に記載されている認証の期限までは、令和3年6月1日以降も認証施設として取り扱われます。
  (2)期限内であれば、認証マークの使用が可能です。
  (3)期限内の施設につきましては、引き続き県のホームページに掲載します。

福井県食品衛生自主管理プログラム認証制度とは…

 福井県では、「ふくい食の安全・安心行動計画」(平成16年3月策定)に基づく取組みの1つとして、平成17年2月、食品事業者の方々が日々     行っている自主的な衛生管理を積極的に評価する「福井県食品衛生自主管理プログラム認証制度」を創設しました。  
 食品関係施設で行われている食品の衛生管理が、HACCP(HACCPとは⇒HACCP(ハサップ)について)の考え方も取り入れた県の基準を満たしていると認められる施設を申請により認証し、広く公表することによって、県内の食品関係施設全体の衛生管理水準の向上を図ることを目的としています。
 この制度は認証取得を義務付けるものではなく、食品事業者からの自主的な申請に基づく制度となっており、書類審査・実地審査により、一定の基準を満たした施設に対し、知事が認証を与えるものです。

 

福井県食品衛生自主管理プログラム認証施設一覧

 食品衛生自主管理プログラム認証施設はこちら
 なお、認証施設で製造された食品には、認証マークを表示することができます。  

 認証マーク 

        認証マーク

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iyakushokuei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

医薬食品・衛生課

電話番号:0776-20-0354ファックス:0776-20-0630メール:iyakushokuei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)