がん患者相談支援事業の実施について

最終更新日 2023年11月15日ページID 026472

印刷

 県では、「まちなかがん患者相談支援事業」として、下記のサロンを実施しています。がん患者ご自身、ご家族、身近な方、どなたでもご利用できますので、お気軽にご利用ください。

  
     問合せ先 福井県健康福祉部保健予防課がん対策グループ

          〒910-8580 福井市大手3丁目17-1
          電話 0776-20-0349 ファックス 0776-20-0643

  

1.まちなかがんサロン  

■がんサロン「ヨリドコ」■ 令和4年11月より実施しています。

 がんの患者さんやご家族が、日常生活の中で感じる迷いや悩み、体験等を語り合い、一緒に考え元気になれるように、病院とは離れた環境で、同じ体験をしたもの同士で集える場を提供しています。

 福井のまちの中のいろんなところで開催することで、誰でも参加しやすく、わかりあえる人と出会いやすい場を目指します。
 

★今年度の開催はチラシをご覧ください。

基本は出入り自由、予約も不要です。

SNSなどのオンラインでの情報交換やイベントで、外出が難しい方も気軽に参加できます。ぜひ一度お立ち寄りください。

★インスタグラムにてヨリドコ開催の様子をアップしています。※インスタグラム内の詳細を見るにはログインが必要です。

 下の画像をクリックするとインスタグラムにつながります。 

yoridoco1

 

※【がんサロンヨリドコの様子(令和4年11月18日実施)】

 yori1yori2

  がんサバイバーの方、がんサバイバーの方のご家族、ご遺族の方、ケアマネ、在宅医、看護師、理学療法士など15名弱の方が参加

   「どう病気を受け入れた?」「仕事どうしてる?」「職場にがんのこと伝えた?友達には伝える?」等‥、

  今感じている思いや疑問について、「それ、ある、ある」「自分だったらこうするかなぁ」など、みんなで和気あいあい思いをだし合いました。

  また、今熱中していることや、ヨガのこと、趣味のことなど楽しい情報交換も‥あっという間に時間が経過し、また次回!とお開きになりました。

 

 

 

■そのほか、がんサロン■
がんサロン「ロゴス」

 ★がん看護の専門である、石川県立看護大学牧野名誉教授が開催しています★ 

 「ロゴス」(Logos)とは、「言葉」「話」「意味」という意味があります。 

 どんな状況にも意味があると、V.E.フランクル(ドイツの精神科医師)は述べています。

  がんになっても、必ずその困難の中に意味を見いだすことができます。

  このがんサロンには、がん体験者のみならずご家族やその友達も参加できます。

 どんな悩みや不安も、ひとりでは解決できないことがあります。

  同じ体験者や専門家が同じ空間を共にし、お茶などを飲みながら語ることで、 悩みが軽くなることがあります。

 ひとりで悩まず、ちょっと覗いてみませんか? きっと気持ちが軽くなると思います。

  ご都合のいい時間帯にお越しください。

 

 <開催のコンセプト>

 フラッと一人になりたいときもある。でも、誰かに悩みを聞いてほしい時がある。 そんな、自分を取り戻せる場があったらいい。

 がんピアサポーターと看護師、そして、一緒の仲間があなたの話をお聞きし寄り添います。

 安心してお立ち寄りください。

 毎月、がんに関するテーマを設けております。テーマに関係なく、お立ち寄りください。

 

49

  

   お問い合わせ申し込みはこちらから → チラシ

  (11月以降の開催分 申し込みURL) https://docs.google.com/forms/d/1j6ZJVm0IXde1pV6oH7eoKFVJzMLvSU8ZValeUO-uB3A/edit

 

 

 (場所)福井県立病院南隣「冨士家」 福井市四ツ井2丁目6-10 

     田原町ミューズ えちぜん鉄道 福井鉄道田原町駅徒歩0 分(公共交通機関をご利用ください)

    

      冨士家     田原町ミューズ

      50 51

 

 「ロゴス」詳細は代表者:牧野氏(maki_kanngo@yahoo.co.jp )または、県保健予防課 にお問い合わせください。

 

【がんサロン「ロゴス」in 冨士家 の様子】

4647

 

                             

2.がんピアサポート勉強会  ※実施を検討中です。

 がんを体験した同じ立場からがんの患者や家族をサポートする「がんピアサポーター」を目指す人を対象に、がんの基礎知識や患者さんへのかかわり方、プライバシーの保護等を学ぶ勉強会を実施しています。(ピア=peer 同じ立場、仲間)

 

※参考【令和元年度の様子】 

 先輩サポーターとの交流                

 ピアサポ2 

~休日を利用し、患者ご本人、ご家族とたくさんの方が参加してくださいました!~
 みなさん、熱心に講義を受け、質問もたくさんされていました。
 また、休憩時間には、お互いの体験談や近況について話され、初対面の方も多かったのですが、終始、和やかな雰囲気で過ごされていました。
 最終日は、1日と長時間でしたが、演習を交えた勉強会は笑いが絶えず、あっという間で、今後も、仲間同士で支え合い、学び合うことを約束して閉会となりました。 

○●○参加した方の感想○●○

・体験者だからといって、すぐにピアサポートができるわけではないことがわかった。
・勉強会で心構えなどを学んだ上で実践しないといけないし、活動中にも研修や指導を受ける必要があると感じた。
・他の患者さんとこのような体験をすることは初めて。いろいろな思いがあり、様々な思いで参加されていることを感じた。
・力強い知り合いに出会え、今後の人生において貴重な出会いの場にもなった。
・相手の思いに共感できないと相手に不信感を与えていることがわかった。言葉だけでなく、表情や態度も気をつけたい。
・同じような思い、志をもった方が他にもたくさんいることがわかり、嬉しかった。
・同じ仲間と学び、貴重な時間を過ごすことができた。サポーターとなっても、自分もこの仲間に支えてもらえると思った。など

 

3.小児がん患者・家族支援

 県では、がんの子どもの治療の中核を担う福井大学医学部附属病院小児科病棟にて、クリニクラウンの派遣や読み聞かせ会、クリスマス会などを開催しています。この活動は、がんと闘う子どもとその家族が、慣れない病院生活や治療を送る不安を、遊びなどを通して和らげ、受け入ることができることを目的としています。

 また、患児のきょうだいが集い、遊びや思いを語り合うサロンやご家族が不安や悩みを相談し合うサロンも開催します。

 この活動は、がんの子どもを守る会福井支部に委託し実施しています。

 

  ★クリニクラウンについて → 日本クリニクラウン協会 NPO CliniClowns Japan

   クリニクラウンは、病院(クリニック)を訪問する道化師(クラウン)のことです。

 

 クリニクラウンの活動日(WEB開催)

   令和5年度:2023年4月19日(水) 、5月17日(水)、6月21日(水)、7月19日(水)、8月16日(水)、9月20日(水)、10月18日(水)、11月15日(水)、12月20日(水)、2024年1月17日(水)、2月21日(水)、3月13日(木)

    クリニクラウン協会と福井大学医学部附属病院がオンラインでつながります!

 

 読み聞かせ会「のぞみお話タイム」・家族サロン(36回)

   毎月第1,2,4水曜日 13:30~

   病室やプレイルームで、年齢にあった本を読み聞かせします。

   ※日程が変更になることもありますので御了承ください。

 

  ○きょうだいのサロン「のぞみあそぼうタイム」 ※コロナの感染拡大状況によって開催を見合わせる場合がございます。

   病棟に入れないきょうだいを対象に、廊下待合室にてボランティアの大学生のお兄さん、お姉さんと一緒に、工作やゲームなどで楽しみます。

 

 ○夏祭り  

   ヨーヨー釣りなど、たくさんのお店が並ぶよ!

 

 ○クリスマス会  

   サンタさんからのプレゼントもあるよ!!

 

 
■2月15日は国際小児がんデーです。  

○毎年、国際小児がんデーに併せ、県内のがん診療連携拠点病院や行政機関、ショッピングセンターなどで、がんの子どもを守る会主催のゴールドリボン・ツリーの設置や街頭啓発、小児がんの子どもの絵画パネル展などが行われています。

 ゴールドリボン・ツリーには、「小児がんの子どもたちの笑顔を守りたい・応援したい」という願いを込めてゴールドのリボンを結んで頂きます。

 2022年の啓発についてはこちらから!

 ぜひ参加し、小児がんについて正しく知っていただき、小児がんの子どもたちを応援してください。

【令和元年度の様子】  福井大学医学部附属病院正面ホール  

  小児がん1  小児がん2

   

                                     
◆福井県のがん患者のためのハンドブック「がん情報ふくい」を作成しています◆
  医療費助成制度、セカンドオピニオン、相談窓口、就労支援等、がん患者にとって必要な情報が1冊にまとまっています。
 下記リンクからダウンロードできます。
   ※「がん情報ふくい」(PDF)はこちらからダウンロードできます。
リレーフォーライフ・ふくい2023にて、がん経験者の皆さんとの交流会を開催! 

 24時間、がんと闘っている患者さんやその家族の方を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指すチャリティ活動「リレー・フォー・ライフinふくい」が開催されました。

 

 詳細はこちらから → リレー・フォー・ライフ・ジャパン2023ふくいに参加しました。

 


 

 

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、hoken-yobo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康医療局保健予防課

電話番号:0776-20-0349 ファックス:0776-20-0643メール:hoken-yobo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)