園芸LABOの丘 2020年のアサガオチャレンジ

最終更新日 2019年3月1日ページID 044125

印刷

園芸LABO職員のアサガオの栽培日記(2020)

 

○自己紹介園芸LABOの丘の古田です。)

 得意なことは「稲づくり」です。むかし、バケツ稲の先生をやってました。

 アサガオを育てるのは小学生の時いらいです。花づくりが得意な人に教えてもらって

 頑張ります。花が咲くまでよろしくお願いします。

○4月16日 吸水

アサガオ袋 アサガオタネ

近くのお店でアサガオのタネを買ってきました。

(袋に「終日咲き 朝顔」と、ありました)

アサガオの発芽適温が20~25℃なので、

外で育てる場合は5月中旬からまいてね!!。

(まだ寒いのに、早くまくのは厳禁です)

「タネまき」の方法は、袋の説明をよく読んでね。

わたしは、1晩、水につけることにしました。 

○4月17日 種まき

アサガオタネ2 アサガオ播種

1晩でタネが水でふくれました。

でも、5つくらいふくれなかったタネもありました。どうなるのでしょうか?

まだ、朝晩が寒いので、芽がでるまで部屋の中で

育てようと、タマゴパックを使って20粒まきました。(室内で生育中) 

○4月21日 芽生え

アサガオ芽生え1 アサガオ芽生え2

ついに芽がでてきました

まだ、4つほどですが、もやしにならないよう

日のあたるところで育てます。

○4月26日 フタバ

0426全景 0426アップ

双葉が広がってきました。

でも、半分くらいしか、芽がでてきません。アサガオはタネの皮が堅いので、皮に傷をつけた方が良いとの意見もありました。

発芽をよくする工夫が必要そうです。

次回につなげます。

○4月29日 プランターに植えかえ

0429フタバ 0429プランター

双葉が大きく広がって、きゅうくつになってきました。

全部で、11本できました。

プランター5つに、2本づつ(1つでけ3本)植付けました。

大きくなりますように。

○5月4日 最初のピンチ(アサガオがしおれました)

0504アサガオしおれ1 0504アサガオしおれ2

今日は、天気が良くて夏のように暑くなりました。

お昼(12時)ころにアサガオを見ると、なんとしおれていました。

先生に聞くと

「フタバで植えかえたので、根が小さい。すぐ水をやるように。」

と言われました。

水をやったら、もとに戻りましたが、今後もピンチがありそうです。

○5月14日 本葉が大きくなりました&植え増しました

本葉1 本葉2

無事に根がついて、本葉も大きくひらきました。

これからが楽しみです。

植え増し苗 植え増し

余ったタネ(アサガオとミニヒマワリ)があったので、5月4日にタマゴパックにタネをまいたものが大きくなったので、プランターの空いたところに植えてみました。

ついでに、ミニヒマワリのタネもまきました。

大きくなりますように!!

○5月20日 番外編(ミニヒマワリが発芽しました)

0520ミニヒマワリフタバ 0520アサガオ

5月14日に、ついでに撒いたヒマワリのタネが発芽しました。現在のフタバが左の写真です。右の写真の右下もミニヒマワリのフタバで、まだまだ小さいですが、これからが楽しみです。

(参考です。タマゴパックでは、まいたタネの半分しか芽がでなかったけれど、プランターではすべてのタネから芽がでました。)

○5月27日 2番目のピンチ(病気が発生?)

0527アサガオしおれ 0527アサガオ除去

元気に育ってきたアサガオが、1株だけですが、しおれてきました。

先生に聞くと、「病気かもしれない」

なくなく、株を取り除きました。

まわりのアサガオが大きくなりますように。

 

 

○園芸LABOの丘のアクセス・問い合わせ先

 

★「おうちde園芸LABO」のページに戻る 

  

★「園芸LABOの丘」TOPページに戻る

地図

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開き、福井県のサイトを離れます)

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、noshi@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

農業試験場園芸研究センター

電話番号:0776-54-5100ファックス:0776-54-5106メール:noshi@pref.fukui.lg.jp

〒918-8215 福井市寮町辺操52-21(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)