稲刈りをもっと楽に! スマート農業実演会を開催しました。

最終更新日 2020年9月4日ページID 045026

印刷

  令和2年9月2日、スマート農業の普及を目的に嶺南振興局スマート農業プロジェクトチームは、小浜市国分の「株式会社 永耕農産」が管理する田んぼにて、コメの食味と収穫量を測定できる自動運転コンバインを使った稲刈りの実演を行いました。

 この日は、時折強い風が吹いたものの、天気に恵まれ農業者や市町、JAの関係者等約40名がハナエチゼン(直播栽培)を収穫する自動運転コンバインを見学。

 予め、グレンタンク内のモミが満タンとなる面積を計算して行う「中割り」や排出ポイントまでの自動移動などコンバインが自動で行う作業工程を確認しました。 

 実際に試乗した(株)永耕農産 辻川代表と(同)飯盛農産 荒鹿代表は「乗っているだけで、何も操作しなくてもよいので、体への負担を減らすことができる。また、十分な経験がなくてもきれいに稲を刈ることができる。」とおっしゃっていました。

 コンバインを運転したことのない私も稲刈りに挑戦。旋回のタイミングや刈り取り時の位置取りなどを自動で行ってくれるため、初心者でも安心して操縦できる機械だと感じました。

 当チームでは、今後も作業の効率化や農業者の労働負担を軽減できるスマート農業の情報提供を続けていきます。(清水)

 

●スマート農業:ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、超省力・高品質生産を実現する新たな農業のこと。

●中割り:広い田んぼを分割して刈り取ること。

熟練の作業者による運転実演会の様子

左:自動運転コンバイン(Agri Robo DR6130A ) 右:実演会の様子

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)